整体・マッサージ【内田治療院】のスタッフを紹介します。

ご挨拶

院長 内田和彦

内田治療院のホームページへ、ようこそいらっしゃいました。
院長の内田和彦と申します。

現代医療の進歩はすばらしく、数多くの病気を克服してきました。
その中には以前なら不知の病とまで言われたものもあり、その恩恵は計り知れないものがあります。

反面で、肩が凝る、背中が重い、腰が痛いと訴える人は、あまり減っていないように感じます。「命に別状がある訳でないし、こんなものだろう」と半ばあきらめてしまっている人も多いものです。
 

しかし、このような症状は体が病む前駆症状、体からのお知らせであることが多いのです。

気づいた時に対応していれば、回復が容易、少なくともそれ以上は悪化しないものが、そのお知らせを無視して無理を続けると症状は悪い方向に進んでいきます。

回復するにも大変な労力と時間が必要となります。最初はバケツ1杯の水で消えたであろう火事が、何もしなければ消防車を呼ばなくてはならなくなってしまいます。

 

また、現代は医ということに関し、どこか他人に委ね、病まない限り本当の意味で健康のありがたさを忘れているような感じがします。

本来、人には自然に治る力=自然治癒力が備わっています。

私は自然治癒力を引き出し、高め、そして、ご自身が身体を意識することが大切と考えます。
当院は、それをサポートすることができます。

いままで身体へ意識を全く向けていなかった人が、少し意識を向け始めると身体は驚くほど変化してくれるものです。

みなさんが真の健康を手にすることを心から願っています。

 

 

プロフィール

■名前:内田 和彦
■生年月日:昭和50年6月23日生まれ ■出身地:東京都板橋区
■資格:さとう式リンパケア公認インストラクター/MRTマスター/あん摩マッサージ指圧師免許/
    普通自動車第一種免許/損害保険上級代理店資格
■学歴:
 /平成 6年 私立本郷高等学校卒業
 /平成10年 立教大学文学部心理学科卒業
 /平成17年 長生学園卒業
■職歴:
 /損害保険会社で損害サービスセンター勤務
 /テレマーケティング会社でコールセンター勤務
 /神奈川県茅ヶ崎市の治療院に師事

 

 

経歴

小学生の時、遊んでいて2階から落ちる。
手擦りに足が引っかかり、逆さになって頭を強打。数時間したら首で頭を支えることができなくなり、近所の病院へ。
検査の結果は異常なし。
数日しても症状に変化は全く現れず、途方に暮れました。

ある時、知人から紹介を頂いた整体の治療院に通院すると、症状が変化し、体が楽になっていくのがわかりました。
「もうあと何回かきたら大丈夫」と言われた後に、その先生は急に亡くなってしまいましたが、いまでも先生を忘れることはありません。

その後、損害保険会社で交通事故の対応をしていましたが、そこでも症状に変化が出ない方が多くいらっしゃいました。
病院の先生に面談もし、自分でも調べたりしても原因はわかりませんでした。

そんな時にふと亡くなられた整体の先生を思い出しました。
「あの先生なら、どう治療をするかな」と思ったのが、治療の道に入ったきっかけです。

Nadesico